大学でのレッスン

毎週水曜日は広島の音楽大学でのレッスン日。
この大学は学生数があまり多すぎず、その分教員の目が一人一人に届きやすく、アットホームな雰囲気。
生徒達も素直な子が多く教えやすい。

僕が担当してるのはピアノ実技。生徒が持ってきた曲を『ここはもう少しこうした方がいいよ』とか『ここはこういう練習をしてこうやって弾くと弾きやすくなるかも』といったことを自分の事は棚にあげて、時には偉そうに言ったりしてる。。。

ただある日、ふとこの子達に本当に必要なものはなんだろう、と考えた時があった。
卒業して、ソリストとしてバリバリやる。こんなピアニストはほんの一握り。
それより、他の楽器と合わせたりする方が断然多い!
そこで生徒達には積極的にアンサンブルを薦めてみた。そしたら、一緒にやってる学生とレッスンへきてくれるようになった!
その楽器の先生のレッスンへ行く事はあっても、なかなかその逆は少ないらしく、とても新鮮に感じてくれてる!自分の音しか聴くことに慣れてない学生達にとって、相手の楽譜をも読み、そして聴き、バランス良く響きの調和を作るというのは難しい。
でもそれに気付いてくれただけ良かった〜!

もう一つ大事な事。それが『教える』ということ!
意外と大学で、『教える』事を教えてくれる授業は少ない。
もちろん、その子その子によって『教え方』は違ってくるものだけど、だからこそ学生の時に、様々な先生による様々な『教え方(指導法)』を学ぶのは必要だと思う。
今期より空き時間を利用して自分の生徒達に僕なりの『教え方』を教えてみることにした。
僕にとっても、一つの実験です!
生徒達には『これが絶対正しい訳でもなく、万人に通用する訳でもなく、あくまでも一つのやり方だと思っててね』と断って。たまにレッスンで、子供や学生達と立場を逆転して、僕が『生徒役』になって模擬レッスンさせる時がある。
そうすると面白い!
どんなに上手な子でも『先生役』になると、あたふたする。
分かってるようで分かってなかったり、分かってないようで分かってたり、僕としても新しい発見がある!
『弾く楽しみ』だけじゃなく、『合わせる楽しみ』や『教える楽しみ』も知ってほしい!
それが『弾く』ことにも必ず役に立つから!
| レッスン | 00:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
  • 中島小学校でマロさんが!?
    yukarin (06/25)
  • ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ作品3
    yukarin (04/29)
  • ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ作品3
    yukarin (04/29)
  • 第7回楽興の時 まとめゼ柴盂擶藾娉顱崔成の時」
    junko (04/19)
  • 第7回楽興の時 まとめゼ柴盂擶藾娉顱崔成の時」
    j.nakagawa (04/19)
  • 第7回楽興の時 まとめゼ柴盂擶藾娉顱崔成の時」
    j.nakagawa (04/19)
  • 第7回楽興の時 まとめゼ柴盂擶藾娉顱崔成の時」
    Y M (04/17)
  • 第7回楽興の時 まとめゼ柴盂擶藾娉顱崔成の時」
    yukarin (04/15)
  • 第7回楽興の時〜室内楽セミナー& 演奏会〜オーディション日程決定!
    j.nakagawa (06/29)
  • 第7回楽興の時〜室内楽セミナー& 演奏会〜オーディション日程決定!
    プラム (06/28)
Recent trackback
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM